AGA(男性型脱毛症)の治療方法

治療方法

AGA、男性型脱毛症の治療方法

それではAGAの症状を回復、改善、治療が期待できるAGA治療薬とは一体なんのお薬なのか見ていきましょう。

AGA治療薬にも種類がもちろんありますし、直接頭皮に塗布するタイプのお薬もありますし服用タイプのお薬もあります。

今まで男性型脱毛症にほとんど治療としてのアプローチができなかった訳ですがある薬の登場によってAGA、男性型脱毛症は回復できる症状として爆発的にそのお薬は広まっていきました。

それはミノキシジルという成分の含まれるお薬です。

ミノキシジルという成分の名前ではピンとこないかもわかりませんが、実はテレビCMでよく見かけるあのお薬のことなんです。日本ではなく世界ではロゲインという名前で親しまれているお薬。

もうお分かりでしょう。そうあのリアップのことです。

リアップとロゲイン

リアップとロゲイン

そう皆さんがご存じのリアップというお薬はAGA、男性型脱毛症の治療薬だということです。

ですが先に欠点を挙げてしまいますが実はリアップ、ロゲインが万能というわけではありません。

残念ながら上の画像のような毛根自体が消滅し頭皮がツルツルになってしまっているような人は髪の毛を元の状態に戻すことは非常に難しいと言われています。

理由としてはミノキシジルという成分には確かに発毛効果があることが発見されAGA治療薬として販売されていますが、それはあくまで毛根が存在する人に対して効果があるといわれています。

つまりAGA、男性型脱毛症の治療を考えている人は一刻も早く始めることが望ましいということです。

なぜなら毛根が残っていればリアップ・ロゲインのミノキシジルの成分は脱毛を改善させ髪の毛を増やすことができるお薬とされているからです。

ミノキシジルは血管拡張作用により毛根への活性化が行われ脱毛を改善し髪の毛を増やすことができるのではないかと言われておりますが、実はもともと高血圧の治療薬でした。

育毛効果が発見されてからは爆発的に世界で広まり(ロゲインの愛称)、ついに日本でもリアップの名前で皆さんのお手元に届くことになりました。

そんなリアップとロゲインですが、それに対を成すフィナステリドという成分を含むAGA治療薬もあります。

フィナステリドを含むプロペシアとは

フィナステリドを含むプロペシアとは

実はこのプロペシアも、もともとはAGA治療薬ではなく前立腺肥大のお薬として開発されたものでした。

そしてこのフィナステリドの成分が毛髪に対しての育毛効果があきらかとなりプロペシアの名前で世界中で発売されることとなりました。

ではこのプロペシアに含まれるフィナステリドの成分ですがリアップとロゲインに含まれるミノキシジルとの違いはなんでしょうか?

実はこのプロペシアの成分であるフィナステリドですが男性ホルモンの酵素を阻害することで男性型脱毛症を防ぐ役割があるといわれています。

そしてこのフィナステリドはこれ以上の抜け毛、薄毛を防ぐだけではありません。

なんと薄く細くなってしまった毛髪(うぶ毛)を強くたくましい毛髪に戻ることが確認されたのです。

そしてミノキシジルを含むリアップとロゲイン、そしてフィナステリドを含むプロペシアを同時に使用することで飛躍的に効果が高まるといわれているのです。

それでは育毛、発毛を日々していくにはどうすればよいのでしょう?

またAGA治療薬を使用したくても費用がなかなか捻出できない方にはミノキシジルとフィナステリドを含む同成分のお薬、ジェネリック医薬品もAGA治療薬には大変多くありますので、ぜひ次のブログ記事をご覧になっていかれてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ