もう悩まない、プロペシアでコンプレックス払拭

育毛剤というと頭皮にシュッとひとふき・・・そんなイメージが有るかもしれませんが、実は飲む育毛剤というものがあります。それがプロペシアです。

元々こちらはがん治療薬の副作用で発毛が認められ、うす毛治療薬として地位を獲得したのです。

脱毛にはいくつかの型が有るのですが、プロペシアは「男性型脱毛症」に効果を発揮します。

日本の男性に多い生え際が後退してくる、頭頂部が薄くなってくるというのがこれにあたります。該当しない方、例えば急激なストレスなどで起こる円形脱毛症や、女性のうす毛には処方されません。

プロペシアは主な成分はフィナステリドというものです。うす毛の原因となる男性ホルモン、テストステロンが作られないように抑制する働きがあります。臨床結果を見ても充分に効果があるとされています。

うす毛はQOLを低下させる原因ともなりますので、本気で悩んだら皮膚科に相談してみましょう。

もちろんバランスのとれた栄養、十分な睡眠、タバコなどを控えるなどの日々の生活習慣の見直しも大事になるので平行して行いましょう。

元々前立腺がんなどの治療に使われていたということもあって、副作用としては性欲の低下したり精子の数が減るといったことがありますが、飲むのをやめれば改善されます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ