かなり勇気の必要な髪の毛を無理やり増やす方法

薄毛や抜け毛でお悩みの男性は皆さん「もう少し髪の毛があればな…」と考えているのではないでしょうか?

そんな皆さんは髪の毛を増やす為にどんな事を行っていますか?

クリニックやAGA治療薬を使用して髪の毛を増やすという方法もありますが、実は最近アメリカ科学者の研究で、とんでもない増毛方法が発見されました。

その方法はなんと「髪の毛を200本抜く」というもの。それにより約6倍の量で髪の毛が生えてくるのだとか。

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

かなり勇気の必要な増毛方法

アメリカの科学者がマウスによって行って実験では、マウスの毛を200本抜いて1か月後に再度その部分を調べたら、抜いた量の2倍から6倍もの量の毛が新しく生えていたそう。

毛を抜く事によって周辺の細胞が危険を察知し毛を生やすように信号が送られ、炎症蛋白という傷口を修復するものも分泌されるからと言われています。

この炎症蛋白質は傷口修復の為に免疫細胞を収集してくれ、普段は活動していない毛まで刺激を与える為に、元の量よりも毛が生えてくるんだそうです。

実際に毛を抜く際の注意点

この髪の毛を増やす方法ですが、ただ髪の毛を抜けば良いという訳ではありません。実は髪の毛の抜き方にも注意をしなければいけないんです。

まず1つに広い範囲ではなく、狭い範囲で抜かなければいけません。密集している場所で刺激を受けた方が効果が高いんだそうです。範囲が大き過ぎると髪の毛を生やす信号が弱く、1本も生え変わらないなんてことも…。

次に200本ブチっといくのではなく、1本1本丁寧に抜いていく必要があります。髪の毛を生やしてくれる危険信号を出すには、ある程度の刺激が必要な為一気に抜いてしまってはいけません。

ちなみにマウス実験では、直径5mm程の範囲で200本抜いた時に1番効果が現れたそうです。

最後に

髪の毛を200本抜くと6倍になって返ってくるということですが、薄毛や抜け毛でお悩みの方にとっての200本というのは相当勇気が必要ですよね…。

そもそもこちらの実験自体がまだまだマウス実験の段階ですので、実際に人間に対しての効果がどの程度現れるのかも分からない状態。

この状態で髪の毛が生えてくるから抜いてみようという方も少ないのではないでしょうか?

ただ本当に人間相手にも効果があるのであれば薄毛や抜け毛でお悩みの方にはかなりの朗報である事に変わりはないはずですので、この実験のこれからの研究結果に期待をしたいところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ