抜け毛の原因から見る日頃から気をつけたい抜け毛対策

抜け毛の原因としてほとんどを占めているのが「男性ホルモン」「遺伝」「ストレス」「生活習慣」と言われています。

男性ホルモンや遺伝に関してはどうしようもない部分がありますが、ストレスや生活習慣に関しては自分の意思で改善出来る部分がきっとあるはずです。

抜け毛対策として日常から気をつけられる事をまとめていますので、是非ご覧になってください。

ストレスは髪にとっての天敵

ストレスは人間の体に様々な悪影響をもたらします。

過度のストレスを感じる事によって人間は睡眠に影響が現れ、睡眠に影響が現れる事により髪の毛を成長させてくれるホルモンの分泌量が減ってしまいます。

更にストレスにより胃腸の具合が悪くなってしまい体中の血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなる事により肌荒れや肩こりが起こり、肩こりによって頭皮にこりを引き起こして、抜け毛をもたらしてしまいます。

つまりストレスを溜めるという事は、髪の毛の本数を減らすということ…

9e7adcce703b01f6ffc49ee9831a1ad2_s

現代人あれば誰しもがストレスを抱えて生きていく時代ですが、それでもストレスと上手に向き合っていく術を身につけましょう。

ストレスの発散方法も人それぞれあります。趣味に時間を費やしたり、思いっきり体を動かすのも効果的です。

オススメはゆっくりお風呂に浸かる事です。体のコリをほぐしてくれたりリラックス出来るだけでなく、毛穴の詰まりも流してくれます。

正しいシャンプー方法で正しい抜け毛対策を

意外と知られていませんが間違ったシャンプー方法を続けていると、髪を綺麗にしているつもりが抜け毛を進行させていた…なんて事も。

正しいシャンプー方法を身につけ、しっかりと抜け毛対策として役立てていきましょう。

ブラッシング

▼洗髪前のブラッシングが重要

洗髪前にブラッシングをする事によって、汚れやほこりをしっかりと落とす事が出来ます。

また、ブラッシングはシャンプーに限らず抜け毛対策に効果的とされており、汚れを落とすだけでなく当日に刺激を与え血行を促してくれると言われています。

▼シャンプー前にしっかりと髪をお湯で流す

シャンプーをつける前に、しっかりとシャワーで汚れを落としましょう。
実はシャワーだけでも6割程の汚れを落とす事が出来ると言われています。

▼シャンプーはきちんと泡立ててから髪に

シャンプーを髪につける前に、手でしっかりと泡立ててから頭皮につけましょう。
汚れを落としてくれるのは泡なので、面倒臭がらずにきちんと泡立てください。

▼頭皮はこすらずに、指の腹でマッサージするように

シャンプーをつけたら、決して爪を立てずに指の腹で頭皮を揉み出すように洗いましょう。
爪を立てて洗うという話も聞きますがこれは絶対にNG。ただ頭皮を傷つけてしまうだけです。

▼トリートメント等は頭皮につけない

シャンプー後のトリートメントやリンス等は、決して頭皮につけずに、毛先につけましょう。

▼しっかりとシャワーですすぎ、シャンプーやリンスをきちんと流す

せっかく綺麗にしても、シャンプーやリンスが流しきれずに残ってしまっているのでは意味がありません。
この上無く頭皮に悪影響となってしまいますので、しっかりと流しましょう。

▼洗髪後はしっかりと乾かしましょう

お風呂から上がった後は、きちんとドライヤーを使って髪を乾かしましょう。
自然乾燥は絶対にNG。こちらも頭皮に悪影響です。
また、ドライヤーを近づけ過ぎても髪が焦げてしまうので気をつけましょう。

食生活も見直して髪に良い生活習慣を

髪も体と同じように、バランスの悪い食事ばかりをしていてはどんどん調子が悪くなってしまいます。

髪の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種だと言われており、このケラチンは「ミネラル」という成分が合成を促してくれます。

タンパク質を多く含んでいる肉類や魚等、ミネラルを多く含む海藻類などを積極的に補給しましょう。

ワカメ

一般的に髪に良いと言われている食べ物にワカメ、卵、牡蠣や緑黄色野菜等がありますので、これらを上手に摂取して上手に抜け毛対策をしましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ