AGA治療の費用はどのくらい必要?

map10

 

AGAは、頭頂部の毛髪が薄くなったり、髪の生え際が段々と後退していく男性型脱毛症のことを言います。

AGAの多くは、30代~50代の男性に発症していると言われています。

AGAの主な原因は、遺伝や男性ホルモンの変化、ストレス、生活習慣の乱れなどがあげられます。

AGAの治療方法は人それぞれで、専門のクリニックでの治療、病院で処方された薬の使用、市販薬や通販した薬で治療といったパターンがあります。

3つの治療方法で費用比較

AGA専門のクリニックで治療された場合、診断料なども含めて1ヶ月15000円~30000円程の費用が必要となります。

治療方法としては、専門の医師が直接診断してくれるので安心して治療ができますね。

一般の病院で治療された場合、診断料を含めて1ヶ月8000~15000円程の費用が必要となります。

一般の病院は専門医師が在籍していないケースが多いので、軽い診断とお薬代が処方されるのみですね。

市販薬や個人輸入通販はお薬代のみなので、1ヶ月5000円程の費用が必要となります。

クリニックや病院のように診断料が発生しないので、低費用で治療ができますね。

また、ジェネリック薬品を購入した際には、新薬よりもお安くなっておりますので、1ヶ月3000円程で治療が行えます。

OZPA87_shinsatusuruisya20140321500-thumb-1050x700-4951

 

AGA治療は、専門のクリニックで治療されることが一番なのですが、その分高額な費用が必要となります。

少しでも費用を抑えて治療を行いたい方は、通販で購入することが多いのだそうです。

AGA治療薬には、有効成分ミノキシジルと有効成分フィナステリドが含まれているものが最も多く、クリニックや病院で処方されるお薬にも両成分が含まれています。

有効成分ミノキシジルは、既に進行した脱毛の再生に効果を発揮します。

有効成分フィナステリドは、AGAの進行を抑える効果を発揮します。

AGA治療は、両成分の働きにより育毛効果を現すことが出来るのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ