ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルは、AGA治療を目的として開発されたわけではなく、高血圧の方の為の血圧降下剤として開発されました。

ミノキシジルは、血圧を下げるために血管を拡張させ、血流を良くする働きがあり、それが二次的に発毛効果を生じたのです。

ミノキシジルが配合されている治療薬は「ロゲイン」や「リアップ」、更にジェネリック医薬品の「ツゲイン」などが有名ですね。

しかし、これらの医薬品を使用したからといって必ずしも全員に効果が現れるとは限りません。

ミノキシジルの効果は、発毛を促進する働きがあることですが、既に進行している抜け毛や薄毛を食い止める働きはありません。

なので、ミノキシジルはAGA治療に必要とされているもう一つ成分フィナステリドと合成することによって、抜け毛や薄毛の進行を防ぎ、発毛を促進することができるのです。

ミノキシジルが配合されているお薬は、ロゲインやリアップのように外用薬のみではなく、飲用タイプのお薬も販売されています。

drugs

ミノキシジルを使用したからといって、ただ髪が生えるというわけではありません。

ミノキシジルの配合量によっては、副作用が起こる薬もあります。

「ロゲイン」や「リアップ」のような外用薬は、頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎、頭皮のかゆみといった副作用が過去に報告されています。

また、内用薬でも、眠気や倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどが報告されています。

内用薬は、外用薬に比べてミノキシジルの配合量が多くなっておりますので、外用薬より副作用が強いといわれています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ