AGAはミノキシジル育毛薬が効果的

AGAミノキシジル

AGAとは[Androgenetic Alopecia]の略で、男性型脱毛症のことを指しています。

AGAは世界的に多くの人が発症しているといいますが、日本人男性では3人に1人がAGAを発症しているといいます。

AGAが起こる原因は主に、遺伝やストレス等で男性ホルモンに異常が発生し、抜け毛や薄毛の症状が起こるといわれています。

男性ホルモンの異常とは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの分泌過多によって脱毛を引き起こすホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)との結合を現しています。

このようなことが原因で薄毛や抜け毛は進行していきますが、AGAが進行したからといってもう二度と髪が生えてこないとは限りません。

AGAは、発毛効果のあるミノキシジル成分が配合されているAGA治療薬を使用することで、本来の毛髪を取り戻すことができるのです。

ミノキシジルとは、AGAの進行を防ぐ働きがあるプロペシアと併用することで、薄毛や抜け毛の進行を抑え、発毛を促進する効果を発揮するAGA治療薬(育毛剤)です。

AGA治療薬のミノキシジルをもっと知ろう

リアップ

ミノキシジルという成分は、元々血管を拡張して血行を促進する効果があるということで、高血圧の治療薬として使われていました。

しかし、ミノキシジルを服用したこで多毛症となる人が多かった為に研究が進み、ミノキシジル成分は新たにAGA育毛薬の有効成分として使用されることになったといいます。

ミノキシジルは、日本でも有名な外用育毛薬『リアップ』の主成分という認識が強いと思いますが、外用育毛薬『リアップ』以外にも様々なAGA治療薬やジェネリック医薬品に配合されています。

ミノキシジルは、プロペシアの主成分フィナステリドが配合されている内服薬と併用することで、薄毛や抜け毛に高い効果を発揮するといいます。

ミノキシジル(Minoxidil)配合のAGA医薬品一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ