抜け毛、薄毛の原因と対策

原因と対策

AGA、男性型脱毛症の原因と対策

それではAGAの症状が確認できた所でいよいよAGA、男性型脱毛症の原因と対策を見ていきましょう。

AGAの原因とされているもの、つまり正常な毛髪サイクルのメカニズムが狂ってしまう理由の1つにジヒドロテストステロンという物質が深く関わっているのではないかといわれています。

実はこのジヒドロテストステロンという物質は【男性ホルモン】の一種とされており男性ホルモンが深く関わっていることでAGAは男性型脱毛症と呼ばれる理由となっているのです。

この男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは薄毛、抜け毛部分、特に毛髪が抜けた部分に濃い濃度で発見されており、この男性ホルモンが毛髪のサイクルのメカニズムを狂わせる原因となっているのは間違いないのではないかとさえ言われています。

このジヒドロテストステロンが成長期の毛髪コントロールを乱してしまい成長を阻害されてしまった毛髪は髪が太くなれず、成長しきる前に抜けてしまうのです。つまりたくましく育たないことで毛髪が薄くなってしまうと同時に成長できず力強さのない毛髪は外部刺激や毛根が弱くなってしまい抜けてしまうのです。

つまりAGA(男性型脱毛症)の進行によって毛髪が成長して抜け落ちる正常なメカニズムに変調が現れ、本来減っていくはずのない毛髪が薄くなって早い段階で抜け落ちてしまうことでAGAが進み始めた男性は脱毛が早まっていってしまうのです。

AGA(男性型脱毛症)の対策

AGA対策

ではそんなAGAの進行を少しでも遅くさせる、または止める為にはどんな対策をとればよいのでしょう?

原因の1つとして男性ホルモンが毛髪の成長を阻害する物質となっておりましたが実は原因はそれだけではないとされています。

AGAの原因とされるものは

  • 男性ホルモンの物質が毛髪の成長を阻害してしまう
  • 遺伝による毛髪の成長阻害物質の受容体との結び付きやすさ
  • 不規則な生活習慣によるAGAの進行の早期化

などが挙げられます。

その中でも今からでも変えられるのは3つ目の【不規則な生活習慣によるAGAの進行の早期化】ではないでしょうか。

直接の原因ではないとされる場合もありますが不規則な生活習慣による過度、過不足な食生活、睡眠、更には摂取量を超えた飲酒や喫煙などによって毛髪にとって成長し辛い環境となってしまうことにもなります。

また不規則な生活習慣、過度な仕事などによる身体的ストレス、肉体的ストレスによって男性ホルモンのバランスを乱してしまい男性型脱毛症の進行を促進させることにも繋がります。

まずは今すぐにできる生活習慣を見直すことでAGA(男性型脱毛症)の進行が遅くなるような環境、また毛髪が太く逞しく成長できる環境を整えてあげることが重要となります。

では残りの原因、男性ホルモンによる毛髪の成長が阻害と遺伝による受容体の結び付きやすさは解決することはできないのでしょうか?

いえ、実はAGA、男性型脱毛症は回復することができるのです。

あくまで毛根が残っている状態であることが前提となりますがAGA治療薬を服用することで男性ホルモンの進行を防ぎ育毛効果を得ることができるのです。

ではAGA治療薬とは一体なんでしょうか?またどうしたら手に入れることができるのでしょうか?次の男性型脱毛症になってしまった場合の治療方法を見ていきましょう。

→AGA(男性型脱毛症)の治療方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ